日本ガス協会

文字サイズ 標準

安全・安心への取り組み

安全・安心への取り組み

ガスが止まったら

マイコンメーターでガスが止まったときは

震度5相当以上の地震などの非常時には、ガスメーター(マイコンメーター)の安全装置が作動して、ガスを止めます。(表示ランプが赤く点滅します。)

ガス漏れの疑いもありますので、ガス臭くないか十分確認してください。

ガス臭いときは、復帰の操作をしないでガス事業者へご連絡ください。

1.

器具栓を閉じるか、運転スイッチを切り、すべてのガス機器を止めてください。屋外の機器も忘れずに。使っていないガス栓は閉まっていることを確認してください。この時メーターガス栓は閉めないでください。

2.

復帰ボタンのキャップを手で左に回し、キャップを外してください。

3.

復帰ボタンを奥までしっかり押して、表示ランプが点灯したらゆっくり手を離します。(復帰ボタンが元に戻り、赤ランプが再点滅します。その後、キャップを元に戻しておきます。)

4.

約3分間お待ちください。この間ガス漏れがないか確認していますので、ガスを使わないでください。3分経過後に、再度ガスメーターをご確認頂き、赤ランプの点滅が消えていれば、ガスが使えます。

ガスの安全見直し隊
経済産業省ウェブサイトへ

マイコンメーターは、こんな時にガスをしゃ断します(赤ランプが点滅します)

・地震 ・多重のガス漏れ ・ガス圧の低下 ・機器の長時間使用(お湯の沸かしすぎや鍋が焦げるのを防止するものではありません。)

※3分経過後も、ガスが止まったままで赤ランプが点滅している場合は、ガス機器の止め忘れやガス漏れが考えられますので、もう一度ガス栓の閉め忘れやガス機器の止め忘れがないか確認してください。

※正常に復帰しない場合や、不明な点がある場合はガス事業者へ連絡してください。

マイコンメーターをシンプルに解説します。

マイコンメーターについて

ふだんからメーターの位置を確認しましょう。

マンション・アパートの場合

一戸建ての場合