ガスコージェネレーションシステムは、必要なとき、必要な場所でエネルギーを作る“分散型エネルギーシステム”です。作ったエネルギーを遠くに運ぶ必要がないので、 エネルギー輸送による損失がありません。 また、従来の“集中型発電方式”では、発電で発生する熱を廃棄していますが、ガスコージェネレーションシステムでは排ガスや冷却水から廃熱を回収し、給湯や空調などに利用しています。
これにより、一次エネルギーの70〜85%が有効利用されます。
[ 前のページへ | 次のページへ || トップへ ]