厨房機器

食器洗い乾燥機

誤った使い方が原因と思われる事象

ご注意

具体的な事例

修理をしないで使用していた

内側のパネルが割れたままの状態で使用したため、割れた箇所から多量の水が入り、
トラッキング現象が発生し、機器が焼損した。

内側のパネルが割れたままの状態で使用したため、割れた箇所から多量の水が入り、トラッキング現象が発生し、機器が焼損した。

※トラッキング現象とは・・・埃がたまり、そこに結露水などの水分が加わることで電気が流れ、発熱・発火に至る現象をいいます。

ドア開閉レバーが壊れたまま使用したため、ガタツキにより電気回路が
接触不良となって過熱し、機器が焼損した。

ドア開閉レバーが壊れたまま使用したため、ガタツキにより電気回路が接触不良となって過熱し、機器が焼損した。

飛ばされやすい軽いものを入れて使用した

可燃性のスプーンなど軽くて飛ばされやすいものを入れて使用したため、ヒーター上に落下して内部から発煙した。

可燃性のスプーンなど軽くて飛ばされやすいものを入れて使用したため、ヒーター上に落下して内部から発煙した。

扉に挟まった状態で使用した

食器が扉に挟まった状態で使用したため、多量の水漏れが発生した。

食器が扉に挟まった状態で使用したため、多量の水漏れが発生した。

ページの上部へ戻る