長期使用製品安全点検制度

2009年4月からスタートした「長期使用製品安全点検制度」をご存じですか? 
ちょっと難しそうですが、実はみなさんの安全な生活に関係している制度なんです。
日常的に使用する機器の経年劣化等に伴う事故を防止するため、特に重大な事故を起こす恐れのある9品目について適切な点検を促すために設けられました。

対象となる製品(特定保守製品)

対象となる「特定保守製品」は下記の9品目です。

屋内式ガス瞬間湯沸器(都市ガス用/プロパンガス用)
屋内式ガスふろがま(都市ガス用/プロパンガス用)
石油給湯機
石油ふろがま
FF式石油温風暖房機
ビルトイン式電気食器洗機
浴室用電気乾燥機

特定保守製品

購入から点検までの流れ

特定保守製品を購入、または特定保守製品が設置された住宅の購入や賃貸契約をしたら・・・

購入から点検までの流れ1 購入から点検までの流れ2
販売店や工務店、不動産事業者などから説明を受けます。 製品に同梱された所有者票(ハガキ)を郵送し所有者登録をします。
購入から点検までの流れ3 購入から点検までの流れ4
点検時期になると通知が届きます。 通知に書かれた連絡先に点検の依頼をします。
購入から点検までの流れ5  
通知に書かれた連絡先に点検の依頼をします。  

所有者登録をしないと点検の通知が届かないだけでなく、知らずに使い続けることで事故を引き起こす恐れがあります。
きちんと点検を受けるために、必ず所有者登録をしましょう!

詳しくは、経済産業省のホームページ『製品安全ガイド』をご覧ください。