日本全国エネファーム15万台突破!

エネファームって?

「エネファーム」の知りたいこと、大公開します!

エネファームは、わが家で電気をつくり、お湯も同時につくり出す家庭用燃料電池です。「エネルギー」と「ファーム=農場」を組み合わせて名付けられました。
わが家で使うエネルギーを、家庭菜園のようにわが家でつくる──。エネルギーをムダなく使い、エコな暮らしをエネファームが実現します。

おうちの小さな発電所

ガスに含まれる水素と空気の酸素で発電し、同時にお湯もつくります。

エネファームは、都市ガスやLPガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させて、電気をつくり出します。このとき発生する熱でお湯を沸かし、給湯などに利用。エネルギーを有効活用するので、省エネにも大きく貢献します。

ガスに含まれる水素と空気の酸素で発電し、同時にお湯もつくります。

購入電力を減らせて、節電にも!

電力会社からの購入電力を減らせて節電に貢献し、排熱で沸かしたお湯を給湯に利用できます。

エネファームでつくった電気は、照明やテレビなどに使用。節電に貢献します。排熱で沸かしたお湯は、キッチンやお風呂などの給湯に利用できます。床暖房や浴室暖房などにも接続できます。

電力会社からの購入電力を減らせて節電に貢献し、排熱で沸かしたお湯を給湯に利用できます。

無理なく省エネ生活

わが家で使う電気を、わが家でつくる。だからロスが抑えられます。

発電所で発生する熱は、捨てられてしまいます。また、遠く離れた家庭に電気が運ばれてくるまでに、送電ロスなどが発生します。
エネファームなら、使う場所がエネルギーをつくる場所。だからロスが少なく、熱も活用。エネルギー利用率は約8割が期待でき、省エネ・環境性に優れています。

わが家で使う電気を、わが家でつくる。だからロスが抑えられます。

ダブル発電により、太陽光発電の売電量もアップ

太陽光発電+エネファームのダブル発電により、自宅での発電量が増えて、太陽光発電の売電量を増やせます。

エネファームに太陽光発電を組み合わせたダブル発電なら、電気の発電量に余裕が生まれます。エネファームでつくった電気を優先的に使用し、太陽光発電による電気は売電に。売電量がアップします。

太陽光発電+エネファームのダブル発電により、自宅での発電量が増えて、太陽光発電の売電量を増やせます。

エネファームのある暮らし、増えています

15万世帯以上にエコなライフスタイルが拡がろうとしています。

世界に先駆けて2009年に販売を開始したエネファーム。普及台数は年々上昇し、2015年度末までに15万世帯以上に導入される見込みです。

[累計普及台数]
導入について、もっとよく知りたい方はこちら
  • エネファーム パートナーズ会員限定情報会員限定コンテンツの閲覧には
    ログインIDとパスワードが必要です。
  • 動画で見るエネファームの魅力
ページ上部へ