よくあるご質問

よくあるご質問

  • エコジョーズ(潜熱回収型ガス給湯器)とは何ですか?
    生み出される熱を徹底的に利用するために、2次熱交換器を搭載し、これまで利用せず排出していた排気ガス中の水蒸気が水になる際に発生する熱である潜熱を回収することにより、従来の給湯器より高い熱効率を実現した給湯器で、エコジョーズ(潜熱回収型ガス給湯器)と呼ばれています。従来の給湯器と2次熱交換器を搭載した給湯器の比較図
  • 高効率ガス給湯器「エコジョーズ」の普及状況を教えてください。
    出荷台数推移」ページをご覧下さい。
  • エコジョーズ化は誰が進めていますか?
    低炭素社会の実現に向け、コラボ(日本ガス体エネルギー普及推進協議会)・(一社)日本ガス石油機器工業会を中心に関連する企業・団体等により推進しています。
    ※コラボ(日本ガス体エネルギー普及促進協議会)(都市ガス、Ldivガス、コミュニティーガスの連合体)
  • なぜ、エコジョーズ化を推進するのですか?
    国内に設置されている膨大な数のガス給湯器の徹底した省エネ化を推進するためです。
    家庭で使用されるエネルギーの約30%が給湯で使用されています。そこで高効率ガス給湯器(エコジョーズ)を業界標準にする事ができれば、省エネ、CO2削減に大きく貢献できます。
  • エコジョーズ化は強制ですか?
    エコジョーズ化はコラボ(都市ガス団体、LPガス団体、コミュニティガスー団体の総称)や(一社)日本ガス石油機器工業会が連携して推進する自主的な取組みですが、省エネや省CO2に効果が大きいことからエコジョーズの採用のご協力をお願いしております。
  • エコジョーズ化は、すべてのメーカーが進めている取組みなのですか?
    すべてのメーカーでエコジョーズ化を推進しております。詳しくはメーカーにお問い合わせください。
  • エコジョーズはいつ販売が開始されましたか?
    潜熱回収型給湯器を「エコジョーズ」という業界統一のネーミングで販売を開始したのは2002年10月です(それに先行し大阪ガスでは2000年6月に潜熱回収型給湯器を「プリオール・エコ」として発売しています)。
  • 今までのものよりエコジョーズが優れているところは何ですか?
    従来のものより高効率なため、同じ能力の機器においてはガス消費量が低減し、省エネ・省CO2に貢献する地球環境にやさしいガス機器です。もちろん、ガス消費量が減りますのでガス料金も低減いたします。また、ガス事業者によっては専用の割引料金を設定している場合がございますのでお使いのガス事業者に問い合わせください。
  • 今の機器から取替はできるのですか?
    戸建住宅は取換え可能です。集合住宅では、機器の寸法や排気筒の確認、給排気方法の確認や、ドレンの処理が必要となりますので取替時には注意が必要です。
    場合によっては取替えができないこともございます。詳しくは、ガス事業者またはメーカーにお問い合わせください。
  • ドレンとは何ですか?
    ドレンとは、排気ガスが2次熱交換器で熱を奪われることにより温度が下がり、排気ガス中の水分が結露し水となったものです。この水を排水することが必要となります。
  • 機器を提供しているメーカー名を教えてください
    ガスター、高木産業、長府製作所、ノーリツ、ハウステック、パロマ、リンナイなどのメーカーが製造しています。
    ガス事業者ブランド(東京ガス・大阪ガス等)で販売している場合もございますので、機器に関しては各メーカーまたはガス事業者にご相談ください。
  • エコジョーズを見分ける方法はありますか?
    機器本体に業界共通のエコジョーズマークが貼付してありますので、確認して下さい。エコジョーズマーク
  • エコジョーズはどのメーカーも同じ呼び名ですか?
    全てのガス機器メーカー・ガス事業者が統一した名称として使用しています。
  • 高効率とは従来品と比べてどの程度効率が改善されているのですか?
    機種によって異なりますが、10〜15ポイント程度効率が高くなっています。
  • 普及台数の目標と年度はありますか?
    業界の自主目標として、2020年までに累計2000万台の普及を目指しています。
  • 全ての給湯器がエコジョーズになるの?
    全ての給湯器がエコジョーズになるわけではありません。商用電源(家庭用コンセント等)で運転する新しいタイプの給湯器が対象です。
    具体的には、16号以上の強制燃焼式RF(屋外設置型)及びFF(屋内設置型強制給排気式)となります。〔給湯機能付暖房用熱源機、給湯機能付ふろがま、給湯単能機〕
    ただし、既築の集合住宅の取替えなど、設置上取り付けが困難なものは従来品を継続します。また、バランス型ふろがまや小型湯沸かし器など、主に乾電池や手動で操作する古いタイプの製品は、従来品を継続します。
  • エコジョーズによるコストメリットは?

    現状では従来の一般型に比較すると購入いただく際のイニシャルコストは上がる可能性があります。しかしながら、高効率になった分、お使いいただくランニングコストは低減いたしますので、トータルライフサイクルコストで考えるとご負担は少なくなります。詳しくは、お使いのガス事業者にお問い合わせください。

    【東京ガスの例】
    ガス代が年間約16,000円節約:約95%まで向上した給湯効率により省エネルギーを実現、大幅にランニングコストが安くなりました。 使用ガス量が約13%削減できるため従来型と比較して年間で給湯だけなら約12,000円、床暖房を合わせると約16,000円の節約を可能にしています。また、待機電力も約18年前の給湯器から約90%※削減し、省エネ設計となっています。

    ※算出条件
    1. 当社従来品との比較。給湯と床暖房を使用した場合の当社試算例。
    2. 試算条件:木造戸建住宅120m² 4人家族の一例 給湯負荷16.3GJ/年間 床暖房負荷9.0GJ/年間
      ガス料金は⟨⟨暖らんぷらん⟩⟩家庭用ガス温水床暖房契約+エコ割(東京地区等)の平成25年12月時点の平均原料価格に基づく税込金額。
    3. ご使用量によって節約金額は異なります。
    4. ⟨⟨暖らんぷらん⟩⟩等の適用は、東京ガスブランドの機器に限りません。
    5. 群馬南地区には⟨⟨暖らんぷらん⟩⟩等割引制度はございません。
      ※待機電力 KG-816RFWA-SAT(1994年発売):9W程度 KG-S824RFWC(エコジョーズ・2012年発売):0.9W程度
  • どこで買えばいいですか?
    ガス機器を取り扱っているお店で購入可能です。
    お近くのガス事業者、住宅設備店などでご相談ください。