日本ガス協会

文字サイズ 標準

都市ガス事業について

都市ガス事業について

都市ガスとLPガスの違い

都市ガス LPガス
原料 メタン(燃える気体)を主な成分に持つ天然ガス、海外から輸入する液化天然ガス(LNG)が大半を占めます。 プロパン・ブタンを主成分に持つ液化石油ガス(LPG)。LPGは、大半を海外から輸入しています。
特徴・性質 (1)本来は無色・無臭ですが、ガス漏れ時にすぐに気が付くよう匂いをつけてあります。 (2)天然ガスは、マイナス162℃まで冷すと液体になり、体積が600分の1と小さくなります。 (1)本来は無色・無臭ですが、ガス漏れ時にすぐに気が付くよう匂いをつけてあります。 (2)マイナス42℃まで冷すと液体になり、体積が250分の1と小さくなります。 (3)空気より重いです。
供給方法 道路の下のガス管を通じて供給されます。 LPガスが入ったボンベを事業者が配送します。

※70戸未満のお客さま(一般のアパート・マンションおよび小規模団地)に対して導管でLPガスを供給する事業は、液化石油ガス販売事業(いわゆるLPガス事業)となります。

都市ガスとLPガスではお客さまへの供給方法に大きな違いがあります。

需要家までのガスの流れ (イメージ図)

都市ガス 液化天然ガス(LNG)を主原料にする場合の例

LPガス 輸入LPガスの例