日本ガス協会

文字サイズ 標準

ガスの利用

ガスの利用

ガス空調の仕組み

ナチュラルチラー(吸収式冷温水機)

水の蒸発の際に生じる気化熱を利用して冷水をつくるシステムです。蒸発した水を臭化リチウムに吸収させ、液体の水に再生する過程でガスの熱を利用します。フロンを全く使用しない、環境にやさしい空調システムです。

ナチュラルチラーの仕組み図
拡大

GHP(ガスヒートポンプ)

一般に液体が気化すると周囲の熱を奪い、期待が凝縮して液化すると熱を発生する性質があります。この性質を利用し、冷媒を圧縮機で圧縮し、機械的に液化と気化を繰り返すことによって冷暖房を行います。この圧縮機をガスエンジンで駆動するのがGHPです。