日本ガス協会

文字サイズ 標準

環境への取り組み

環境への取り組み

CO₂削減対策の効果と電気のCO₂排出係数について

家庭用燃料電池等の天然ガスシステムの導入によって、電気の購入量を減らすことができます。
電気の使用によるCO₂排出量の算定には、一般的に電気の使用量に「全電源のCO₂排出係数(=火力発電のCO₂排出量÷全発電量)」を乗じて計算しますが、CO₂削減対策の効果の算定には「対策により影響を受ける電源(マージナル電源)」のCO₂排出係数を用いて計算する必要があります。日本の現状では、マージナル電源は火力電源と考えることが合理的です。

購入する電気を減らすと、どの発電方法の電源が減るのだろう?

イラスト
拡大

CO₂削減量を計算するには、火力発電のCO₂排出係数を用いるのが正しい評価。

CO₂削減量を計算するのに、「火力発電のCO₂排出係数(=火力発電のCO₂排出量÷火力の発電量)」ではなく、「全電源のCO₂排出係数(=火力発電のCO₂排出量÷全電源の発電量)」を使うべきという意見もありますが、どちらが正しいのでしょうか。
※全電源:火力のほか、CO₂を排出しない原子力や水力を含めたすべての発電方式

イラスト 拡大