日本ガス協会

文字サイズ 標準

環境への取り組み

環境への取り組み

都市ガスの製造段階のCO₂削減の取り組み

都市ガス業界では、地球温暖化を防止するための取り組みとして、都市ガスの製造段階において、天然ガスへの原料転換等や製造プロセスの省エネ化等によりCO₂を削減しています。

天然ガスへの原料転換等によるCO₂削減の取り組み

1969年のLNG(液化天然ガス)導入以来、約40年の歳月と延べ1兆円以上の資金を投入し、都市ガスの原料を石炭・石油等から天然ガスへ転換することで、都市ガス製造効率を99%以上に高めてきました。

都市ガス原料の変遷

写真

1872年 石炭を原料としたガスで都市ガスの供給を開始

(写真:石炭を原料としていた当時の都市ガス製造工場)

100年

写真

1969年 石炭・石油からLNGへの原料転換を開始

(写真:高カロリーガスへの転換作業)

40年

写真

2012年 208事業者が高カロリーガスへの転換を完了

(写真:原料のLNGを運ぶタンカー)

高カロリーガス比率の推移(販売量ベース)

天然ガスへの原料転換等で、高カロリーガス(高発熱量の都市ガス)への転換を進め、多くの都市ガス製造工場では、製造効率の高いLNG気化プロセスを採用しています。

グラフ

天然ガスへの原料転換以外の更なるCO₂削減の取り組み

都市ガスは、原料となるLNG(液化天然ガス)・LPG(液化石油ガス)をタンカーから受入れ、一度タンクに貯蔵した後、気体へと変化(気化)させ、気体となった天然ガスにLPGを加えて熱量調整し、お客さま先でガスもれを感知しやすいように臭いを付ける(付臭)という工程を経て、製造されます。

図
拡大

都市ガスの製造段階では、LNG・LPGの払出しやLNGの気化に用いる海水の汲み上げ等に電気エネルギーを、また、熱量調整用のLPGの気化等に熱エネルギーを使用していますが、LNGの冷熱利用、自然エネルギーを活用した気化器、都市ガスを燃料としたコージェネレーション(熱電併給システム)等の省エネルギー機器の導入を進めるなど、地道な取り組みにより、CO₂削減に努めています。

LNGの冷熱利用

写真
冷凍倉庫

LNGが持つマイナス162℃の冷熱エネルギーを冷凍倉庫に利用しています。

自然エネルギーの活用

写真
オープンラック式気化器

LNGを海水の熱でガス化させる装置です。

コージェネレーションの導入

写真
コージェネレーション

電力を施設内で使用するほか、排熱を原料の気化等に使用します。

都市ガス製造効率の向上

これまでの取り組みにより、都市ガス製造効率※は、99.5%まで向上しています。

都市ガス製造効率の向上

製造効率の推移

グラフ

都市ガス製造工程におけるCO₂排出原単位の推移

都市ガス業界は、産業界の一員として経団連の低炭素社会実行計画に参加し、都市ガス製造工程におけるCO₂排出原単位(都市ガス製造量1㎥あたりのCO₂排出量)を目標として、CO₂削減を進めています。

グラフ

※上記グラフ数値はマージナル補正方式(コージェネレーション)にて算定。マージナル補正方式(コージェネレーション)とは、コージェネレーション導入によるCO2削減効果をマージナル電源と想定される火力電源排出係数で評価し、全電源平均排出係数による算定では評価しきれない削減量を全体の排出量から差し引く方式。