日本ガス協会

文字サイズ 標準

都市ガス事業について

都市ガス事業について

技術開発の取り組み

横浜に日本で初めてガス灯が灯ってから約150年、お客さまに安全安心、快適にガスをご利用いただけるよう、ガスの製造・供給・利用に関する技術開発に取り組んできました。 現在、都市ガス業界では、低炭素化社会の実現を目指し、天然ガスの普及・利用拡大や、新エネルギー(水素、再生可能エネルギーなど)の活用に資する技術開発に取り組んでいます。

低炭素化社会を目指した取り組み

ガスコージェネレーションシステム 

都市ガスを燃料として発電し、その廃熱を蒸気や温水として利用するシステムです。効率的なエネルギー利用法であると同時に、分散型電源として、エネルギーセキュリティ、BCPを実現します。

船舶へのLNG燃料供給

輸送分野では、自動車に加えて、船舶でもLNGを燃料とする動きが始まっています。世界的に温暖化対策や環境規制が強化される動きの中で、クリーンなLNG燃料の普及拡大が期待されます。

家庭用燃料電池
コージェネレーションシステム
業務・産業用燃料電池
コージェネレーションシステム

燃料電池は、都市ガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させ発電する仕組みで、スペースシャトルに搭載された技術が民生用に利用されています。家庭用燃料電池コージェネレーションシステムは「エネファーム」として普及が進んでいます。

水素利用  水素導管供給に関する技術調査

CO₂を排出しない燃料として、国のエネルギー政策の中で位置づけが高まっている水素。その利用拡大の取り組みとして、燃料電池コージェネレーションシステムの普及に加えて、燃料電池自動車用の水素ステーションの整備を進めています。

日本ガス協会の取組み

  • 技術賞

    ガス事業の発展に顕著な功績のあった独創性や発展性に富む画期的な技術を表彰しています。

    詳しくはこちら
  • 大学等研究助成金制度

    都市ガス業界の発展を先導する可能性がある、革新的技術および前段の基盤技術の発掘と研究の推進を目的とした制度です。毎年3件、助成を実施しています。

    詳しくはこちら

関連する政策一覧