排気筒(煙突)は、ときどき点検を

排気筒(煙突)が詰まっていると、不完全燃焼を起こし、一酸化炭素(CO)中毒の原因となる場合があり大変危険です。以下のような状態になっていないか、点検を行ってください。

排気筒(煙突)内に鳥が巣を作っていませんか?

隠ぺい部に設置されている排気筒も点検してください。
隠ぺい部に設置されている排気筒の腐食による穴あきやはずれにより、排気ガスが室内に入り込み、
一酸化炭素(CO)中毒を起こす危険があります。

ガス機器のご利用、日常管理について

ガス機器の安全なご使用、日常管理については、取扱説明書をよく読んでいただき、その内容を理解し、ご使用いただくことが大切です。ガス機器ご使用時に不快な臭い、炎のあふれ、機器本体の異常な過熱などがあれば、ただちに使用を中止し、ガス機器購入店または修理店にご連絡ください。

        

ガス小型湯沸器

熱交換器の目づまりなど、不完全燃焼を起こし、一酸化炭素(CO)中毒の原因となる場合があります。時々上部(防熱板の下)に汚れや詰まりがないかチェックしてください。上部に汚れや詰まりがある場合や使用中に火が消える場合は、販売店に点検・修理(有償)をお申み下さい。

ガステーブルコンロ

バーナーが目づまりしたまま使うと不完全燃焼を起こし、一酸化炭素(CO)中毒の原因となる場合があります。時々器具ブラシなどでお掃除して下さい。

ガスふろがま

空だきに注意しましょう。 ガスふろがまや浴槽を傷めたり、火災の原因にもなります。また、ふろがまが水につかると故障の原因にもなります。

ガス暖房機

FF暖房機、ファンヒーターは裏側のエアフィルターのお掃除をしましょう。