日本ガス協会

文字サイズ 標準

ガスの利用

ガスの利用

ガスコージェネレーションシステムの特長

ガスコージェネレーションシステムは、都市ガスを使って必要な場所で発電し、その廃熱を給湯等に有効利用できる、省エネ性、電源セキュリティに優れたシステムです。
東日本大震災以降、ガスコージェネレーションシステムは、「エネルギーセキュリティ設備」さらには「系統電力への供給電源」という分散型電源として、また、変動型再生可能エネルギー拡大時の電力需給調整力としての社会的役割が期待されています。また、国のエネルギー政策においても、より重要な位置づけとなりました。

電力の負荷平準化

分散型発電システムのため需要家にて発電するため、電力のピークカットが行え、節電(負荷平準化)に貢献できます。その結果、電力料金を削減できます。

廃熱の有効利用

発電時に発生した廃熱を給湯や冷暖房などに有効活用することで、既存の燃料費削減が可能です。

環境貢献

廃熱の有効利用により、エネルギー効率が80%~85%と高く、省エネルギー並びにCO₂の削減が可能です。

電源セキュリティの向上

停電対応仕様であれば、自然災害等による停電時にも都市ガスが供給されている限りあらかじめ選定した負荷に対して電力供給が可能です。